2016年10月25日火曜日

他者をコントロールできない

2016年3月25日朝日新聞「天声人語」で「親離れ子離れのとき」と題して、 〈這(は)えば立て立てば歩めの親心〉 〈立てば歩めが駆けだして母苦労〉という江戸川柳を紹介していた。 この「這(は)えば立て 立てば歩めの親心」は、「他者をコントロールできない」のになあと思いつつ、このところよく思い出していた言葉だった。  私たちは他者をコントロールいたいと思って思い煩っていることがなんと多いことか!   他者にこうあってほしいと願うのはいいが、どうしてもコントロールしようとしてしまうのが人の常だ。  どうか皆さん、「他者は変わらない。変われるのは自分。」という真理を胸に刻んでください(心理学者のアドラーの考え)。そして不思議なことに、自分が変わることで、なぜか他者も変わってくる。その好循環を作っていきましょう。 


通信制課程では前人未到! 95%以上の卒業率!


担任制による、 きめ細やかな学習フォロー、保護者との連携、家庭訪問などにより、
卒業率95%以上の実績があります。
15のコース(2016年度からマンガコースを開設)によって、 さまざまなライフスタイルをお持ちの方にも対応できるようになりました。

マンガコースについてはここをクリック!

0 件のコメント:

コメントを投稿